First Business Trip to Brunei

Greetings. This is Nazrul from the Hokkaido Government Representative Office. I’ve been to some countries in Southeast Asia but the one country I haven’t been to is Brunei. Luckily, I got the opportunity to travel there for a brief business trip two weeks ago. Upon arrival, I was quite surprised by how nice the airport […]

SIM無料配布お知らせ (Japan Welcome SIM card)

北海道を訪れる予定のある皆さまに耳寄りなお知らせ 日本で最大の携帯電話会社であるNTTドコモと北海道、北海道観光振興機構が連携して、北海道を訪れる観光客の皆さまに、日本で使用できるデータSIMカードを無料でプレゼントします。このSIMを使って、あなたが感じた北海道の魅力をどんどん発信してください! 先着4,000枚限定です。北海道にお越しになる予定があれば、急いでお申し込みください! お申込みはこちら:https://docomo.prepaid-sim.jp/lp/plan0area/ — Great news for those planning on visiting Hokkaido! NTT Docomo, the largest cellular company in Japan has joined hands with Hokkaido Tourism Organization to provide free SIM cards, which allow you to use your mobile while in Japan, to visitors to Hokkaido. We hope you will use this SIM card […]

シンガポールの旧正月

こんにちは。北海道ASEAN事務所の高橋です。 2月16日は中国暦の元日(旧正月)にあたり、シンガポールでは祝日でした。 今年は戌年ということで町中が犬のモニュメントで彩られています。 ASEAN事務所が入るオフィスビルのロビーにも、下の写真のような装飾が施されています。 ちなみに犬の鳴き声「ワン」は、中国語で繁栄・繁盛などを意味する漢字「旺」の読みと同じであることから、ギフトの包装など様々な場所に、犬のイラストとともによくこの漢字が使われています。 昨年、チャイナタウンに展示されていた昨年の干支・鶏のモニュメントは旧正月が終わってもしばらくの間展示されていました。 観光名所マーライオンの存在がかすんでしまうほど、とにかく派手です。ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。 ところで、旧正月中も開業している飲食店は、従業員に支払う割増賃金や食材の調達コストの上昇を、手数料という形で顧客に転嫁するケースが多いです。私の行った店は20%上乗せでした・・・

Chinese Lunar New Year in Singapore

Greetings! This is Takahashi from Hokkaido Government Representative Office in Singapore. 16th February was a national holiday for Chinese Lunar New Year in Singapore. Since 2018 is the year of the dog, there are a lot of monuments of dogs around Singapore. The barking sound of dogs “wang” has the same sound as a Chinese character […]

北海道の次なる訪問先を求めて

こんにちは。北海道ASEAN事務所のナズルです。 元日から2ヵ月が過ぎ、今年も北海道出張を考える時期になりました。日付と行程はまだ決まっていないのですが、前回の出張と同じく、まだ行ったことがない場所を訪問するつもりです。前回は北海道の北と東の地域を訪問し、また札幌市の有名な雪まつりと富良野の夏を両方経験することができました。 どこへ行くのかまだ分かりませんが、行っていない所がまだまだたくさんあります。函館市にはもっと時間をかけてみたく、また登別の有名な温泉にも一度行ってみたいです。なので、出張として行くことができれば嬉しいです。もちろん、行く先々で旅行写真を撮影することは旅の醍醐味です。事務所のカメラをしばらく利用していないので、楽しみにしています!

Planning my next Hokkaido adventure

Greetings. This is Nazrul from the Hokkaido Government Representative Office. It’s been two months since New Year’s Day, and that means another business trip is up next for me. The date and route are not confirmed just yet, but just like my previous trip, the places I’ll be visiting will always be the ones in […]

そして札幌へ(7/7)

こんにちは。北海道ASEAN事務所のナズルです。 富良野では、石平夫妻がオーナーを務める富良野ナチュラクスホテルに泊まりました。新しく、とても便利な場所にあります。ホテルの朝ごはんメニューには、洋食・和食の2つの選択肢があります。私は洋食にして、北海道産の新鮮な牛乳、ハム・卵、野菜、パンなどの豪華な朝ごはんを頂きました。その上、北海道メロンも頂きました。 その後、出張の最終目的地である札幌へ移動しました。電車ではなく、バスに乗ることにしました。JR富良野駅前から札幌バスターミナルまでは、約2時間半かかりました。とても快適で、外の景色も素晴らしかったです。 午後12時頃札幌に到着した後、昼食場所を決めるために町を歩き回って、名物のスープカレーにしました。GARAKUという有名なお店で「上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種きのこの森」というスペシャルセットにしました。とても美味しく、北海道のスープカレーはとてもお勧めです。 私が泊まったホテルは狸小路商店街と近かったので、商店街のアーケードの装飾を見に出かけました。日本では夏祭りがあるたびに、いつも商店街が装飾されます。狸小路商店街でも同じです。商店街を歩くのはとても楽しく、装飾を見ることが出来て嬉しかったです。 次は大通公園に行きました。何回も訪れたことがありますが、夏にはどのようなイベントがあるのか気になりました。夏にはさっぽろ大通ビアガーデンがあり、公園はサントリー・アサヒ・キリン・サッポロの4大ブランドの会場になりました。 大通公園はブランドごとに4区画に分かれています。日曜日にも関わらず、とても混んでいました。にぎやかな雰囲気で、ビールが好きな人は絶対に行かないともったいないです。 私は何回か札幌に行ったことがありますが、夏に行くのは初めてでした。札幌、そして北海道にはいつも楽しめることがあります。利尻山の絶景から富良野の広大なラベンダー畑まで、夏の北海道の魅力を見ることが出来てとても感動しました。絶対に忘れられない思い出になりました。だからこそ、もっとたくさんの人に夏の北海道に行って欲しいです。 これで、北海道の夏出張は終了です。もし読者のみなさんがブログを楽しんで、これから北海道へ行きたいと思っていたら嬉しいです。観光のお問い合わせがありましたら、是非、私の事務所に来てください。あるいは、私にメールをして下さい。誠にありがとうございました。そして、何卒宜しくお願い致します!

Coming Back to Sapporo (7/7)

Greetings. This is Nazrul from the Hokkaido Government Representative Office. I spent a night at the Furano Natulux Hotel, a conveniently located new hotel by Mr. and Mrs. Ishihira. The place offers two selections for breakfast set menu: Japanese or Western. I opted for the Western menu, and was treated to a lavish meal that […]

富良野と美瑛の花々 Part2(6/7)

こんにちは。北海道ASEAN事務所のナズルです。 北海道で一番高い標高に位置する温泉として知られている十勝岳温泉凌雲閣に泊まりました。海抜1,280メートルにあり、夏には観光客が上富良野町の上空を浮遊する雲海を見ることが出来ます。午前4時半、夏の朝陽に起こされて、雲海を見るために外へ出かけました。 雲海は、素晴らしいの一言に尽きます。見たことのない雲海が眼下に広がる光景に、とても感動しました。午前4時45分頃、辺りが完全に明るくなると、雲は遠くに見られました。旅館の後ろにも、山の周りにも、雲が漂っていました。 見事な景色を楽しんだあと、旅館の有名な温泉に入りました。茶色がかった温泉に入るのは、とても斬新な経験でした。鉄分含有率が高いことで温泉の色が茶色くなっていて、肌にとても良いそうです。涼しい朝に温泉に入れる上、雲海の絶景もあります。色々な温泉に入った経験の中で、これは最高の温泉のひとつだと思います。 凌雲閣のマネージャーである青野さんは、私のガイドを務めてくれました。ここからは、青野さんと一緒に、美瑛・富良野の散策を続けました。十勝岳の坂を下がる途中で、狐に出会えたことには驚きました。一匹ではなくて、狐の家族に出会ったのです。青野さんによると、北海道では道を渡る動物が多いので、運転をする観光客は気をつけないといけないとのことです。 次は白ひげの滝へ行きました。この滝の水はコバルトブルーで、川に落ちる時には白い髭のように見えます。水は、私が次に向かった青い池まで流れています。白ひげの滝は入場料無料で、年中開放されています。近くには温泉ホテルがたくさんあり、観光客は滝に近い旅館に宿泊することも出来ます。 次は、楽しみにしていた青い池に行きました。多くの観光客が旅行日程に組込む、北海道で最も人気がある観光スポットのひとつです。池の水は透き通ったコバルトブルーで、初めての眺めはとても興味深かったです。その上、水の色や周りの木の葉も色は季節によって変化する為、訪れる季節によって眺めが大きく変わります。青い池は年中開放されていて、入場も無料です。 次は夏の名所である四季彩の丘に行きました。うねを成す丘は絶景です。多様な花が咲き誇る光景は、まさに北海道の夏の美しさそのものです。 15ヘクタールの広さがあり、観光客は一日中楽しむことが出来ます。夏には多様な花々があります。最も人気があるのは、向日葵とラベンダーです。夏が最も人気のある季節ですが、実は冬にも開放されていて、スノーバイクを借りてウィンタースポーツに参加することも出来ます。入場料は無料ですが、この景色を守るために、一人200円の献金が勧められています。 広大な花畑の他に、アルパカファームもあります。子供に人気がありますが、もちろん大人にとっても面白い経験になると思います。敷地内には大きなお土産店があり、ラベンダー風味・メロン風味のソフトクリームを楽しむこともできます。 次の場所に向かう途中、青野さんは上富良野町にある興味深い場所に連れて行ってくれました。「ジェットコースターの路」と呼ばれていて、道がジェットコースターのように見えます。 最後にもうひとつ、人気の観光スポットであるファーム富田へ行きました。ラベンダーの種類が豊富で、夏(特に7月)がピークシーズンです。四季彩の丘と同じく敷地は広大で、観光客も一日中楽しむことが出来ます。ラベンダーのお土産もたくさんあり、カフェもあるので、ファーム富田に行く際は是非訪ねてください。 ファーム富田に行く電車のアクセスについて、大事なポイントがあります。JR旭川駅と富良野駅の間を走っている「富良野・美瑛ノロッコ号」という電車があり、JRラベンダー畑駅で降り、歩いて7分でファーム富田に行くことができます。この電車は夏限定で、6月中旬と8月下旬から9月下旬までの期間は週末のみ、6月下旬から8月中旬にかけては毎日運航しています。 外の風を感じることが出来る「ノロッコ号」に15分乗り、JR富良野駅でアドリエンさんと合流しました。その後、富良野ナチュラクスホテルでオーナーの石平夫妻と待ち合せをし、地元の祭である「北海へそ祭り」に連れて行ってもらいました。 祭のメインイベントが始まる夕方までの間、石平さんとワイナリーや新富良野プリンスホテル等を車で巡りました。石平さんによると、富良野はスキー場が有名で、ニセコと対を成して人気があるそうです。ドライブの途中、地元でも遭遇することが少ない鹿に出会い、とても驚きました。 へそ祭りへ向かう前に、アドリエンさんと私は、石平夫妻がオーナーを務めるホテルでのディナーに誘われました。ミシュランガイド北海道に掲載されたホテルでのディナーは、とても贅沢でした。富良野牛、チーズフォンデュ、そして地元の野菜を堪能できる最高のディナーでした。その後に向かったへそ祭りでは、市民参加型のパレードを見ました。 祭りの後には、もう一つの驚きがありました。近くの居酒屋で夜食を食べて、そこからホテルに戻る途中、通りがとても綺麗だったことにとても驚きました。祭りが終わった後、参加者みんなで通りを綺麗にするので、まったくゴミがありませんでした。 札幌の散策と夏の最後の出張については、次のブログに続きます。お楽しみに!

Flowers of Furano & Biei, Part 2 (6/7)

Greetings. This is Nazrul from the Hokkaido Government Representative Office. I had the opportunity to spend the night at Tokachidake Onsen Ryounkaku, which is the highest hot spring inn in Hokkaido. At 1,280 metres above sea level, patrons of the inn are able to see the ‘sea of clouds’ in the summer, where clouds hover […]