富良野と美瑛の花々 Part1(5/7)

list_blog

こんにちは。北海道ASEAN事務所のナズルです。

マップルート(出典:国土交通省)

旭岳や東川町の散策の後、次は美瑛へ移動しました。7月28日にJR旭川駅からJR美瑛駅まで30分の電車に乗りました。美瑛駅に到着したらガイドさんと待ち合せて北西の丘展望公園へ行きました。

北西の丘展望公園、JR美瑛から歩き35分

北西の丘展望公園では美瑛町のパノラマ風景を見ることができますが、残念ながら私が訪れた日は一日中雨が降っていました。それでも、町を見渡すことができ、多くの観光客がいました。入場料は無料で、観光客にはとても人気があります。

かんのファーム、JR美馬牛から歩き15分

次は上富良野町の人気観光スポットである「かんのファーム」へ行きました。「富良野」はラベンダーの町として多くの人に知られており、花が咲く夏の景色の代名詞となっています。かんのファームは花を見るために絶対にお勧めの観光スポットです。10月まで、多様な花々が咲いています。

かんのファームにて、花にとまる蜂
かんのファームの景色

次は、ガイドさんに上富良野町のラベンダーファームへ連れて行って頂き、ラベンダー摘みの体験をしました。初めてのことで、ラベンダーからどんな匂いがするのかとても興味がありました。かすかに薬草のような、そして心を落ち着かせる匂いがして、心地よい気持ちがしました。

上富良野町でのラベンダー摘み
ラベンダー摘み体験
北海道のラベンダー

その後、北海道に住んでいるトラベルライターの友人であるアドリアンさんと待ち合せて、一緒に炭火焼肉屋で「豚さがり」という地元名物の焼肉を食べました。富良野では豚肉がとても美味しいと聞いていましたが、全く同感でした。今までで一番美味しい焼肉だと思いました。

豚さがり炭火焼肉、2000円/人
JR上富良野駅前の花

ランチの後、ヤマイチという喫茶店に立ち寄りました。店主の斎藤真吾さんが、自転車のレンタル、メロンジュースやラベンダーソフトクリームなどの販売をしています。店の裏では、星の形をしたキュウリなど面白い野菜を植えています。

ラベンダーソフトクリーム、500円
星形のきゅうり

店の隣の深山峠アートパークからは、十勝岳を見渡すことができます。そこには、トリックアート美術館や、アイヌの工芸品を販売しているお土産屋もあります。美術館は観光者に人気があって、富良野エリアにいる場合は訪れるべき所だと思います。

アイヌの工芸品
トリックアート美術館、入館料1300円/人

次は、フラワーランドかみふらのへ行きました。富良野エリアの観光スポットとしてとても人気があり、夏にはひまわりやラベンダーなどの多様な花々が咲いている公園です。団体ツアーに人気があり、ラベンダーの枕を作るワークショップがあります。

フラワーランドかみふらの、入場料無料
ひまわり
観光トラクター内から撮影、500円/人
フラワーランドかみふらの

次は、地元で卸売りをするメロンファームを訪ね、メロンの植え方について勉強しました。夕張メロンは北海道で一番有名なメロンですが、ピークシーズンにはすぐに無くなる可能性があります。メロンを植えるために辛抱が必要です。味はシンガポールにあるメロンよりとても甘いです。

北海道メロン
メロンの作り方
北海道メロン、4500円

次は、多田農園のワイナリーに立ち寄りました。良好な気候のおかげで高品質な葡萄を育てることが出来るため、最近では富良野ワインの人気がどんどん上がっています。この日の最後に、町を見渡せる日の出公園に行きました。

多田農園
日の出公園

十勝岳温泉凌雲閣にチェックインして、農家の方たちと夕飯を一緒に食べました。ホワイトコーンやメロンなどを持って来て頂きました。全部がとても美味しかったです。とても長い日でしたが、とても楽しかったです。そして、翌日も目白押しになるだろうと思いました。

北海道ホワイトコーン
北海道メロン

富良野・美瑛の散策は次のブログ投稿に続きますので、お楽しみに!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *