富良野と美瑛の花々 Part2(6/7)

list_blog

こんにちは。北海道ASEAN事務所のナズルです。

マップルート(出典:国土交通省)

北海道で一番高い標高に位置する温泉として知られている十勝岳温泉凌雲閣に泊まりました。海抜1,280メートルにあり、夏には観光客が上富良野町の上空を浮遊する雲海を見ることが出来ます。午前4時半、夏の朝陽に起こされて、雲海を見るために外へ出かけました。

上富良野上空の雲海、凌雲閣入口付近

雲海は、素晴らしいの一言に尽きます。見たことのない雲海が眼下に広がる光景に、とても感動しました。午前4時45分頃、辺りが完全に明るくなると、雲は遠くに見られました。旅館の後ろにも、山の周りにも、雲が漂っていました。

凌雲閣後ろの上富良野の光景
十勝岳の周りの雲

見事な景色を楽しんだあと、旅館の有名な温泉に入りました。茶色がかった温泉に入るのは、とても斬新な経験でした。鉄分含有率が高いことで温泉の色が茶色くなっていて、肌にとても良いそうです。涼しい朝に温泉に入れる上、雲海の絶景もあります。色々な温泉に入った経験の中で、これは最高の温泉のひとつだと思います。

十勝岳温泉

凌雲閣のマネージャーである青野さんは、私のガイドを務めてくれました。ここからは、青野さんと一緒に、美瑛・富良野の散策を続けました。十勝岳の坂を下がる途中で、狐に出会えたことには驚きました。一匹ではなくて、狐の家族に出会ったのです。青野さんによると、北海道では道を渡る動物が多いので、運転をする観光客は気をつけないといけないとのことです。

狐の家族
狐、近くの写真

次は白ひげの滝へ行きました。この滝の水はコバルトブルーで、川に落ちる時には白い髭のように見えます。水は、私が次に向かった青い池まで流れています。白ひげの滝は入場料無料で、年中開放されています。近くには温泉ホテルがたくさんあり、観光客は滝に近い旅館に宿泊することも出来ます。

白髭の滝、入場料無料
青い池までの流れ

次は、楽しみにしていた青い池に行きました。多くの観光客が旅行日程に組込む、北海道で最も人気がある観光スポットのひとつです。池の水は透き通ったコバルトブルーで、初めての眺めはとても興味深かったです。その上、水の色や周りの木の葉も色は季節によって変化する為、訪れる季節によって眺めが大きく変わります。青い池は年中開放されていて、入場も無料です。

青い池、入場料無料・一年中開放

次は夏の名所である四季彩の丘に行きました。うねを成す丘は絶景です。多様な花が咲き誇る光景は、まさに北海道の夏の美しさそのものです。

四季彩の丘の花々
虹色の坂
四季彩の丘の見晴らし
四季彩の丘の眺め

15ヘクタールの広さがあり、観光客は一日中楽しむことが出来ます。夏には多様な花々があります。最も人気があるのは、向日葵とラベンダーです。夏が最も人気のある季節ですが、実は冬にも開放されていて、スノーバイクを借りてウィンタースポーツに参加することも出来ます。入場料は無料ですが、この景色を守るために、一人200円の献金が勧められています。

ラベンダー畑
北海道の夏、満開の花々

広大な花畑の他に、アルパカファームもあります。子供に人気がありますが、もちろん大人にとっても面白い経験になると思います。敷地内には大きなお土産店があり、ラベンダー風味・メロン風味のソフトクリームを楽しむこともできます。

アルパカへの餌やり、500円/人・餌100円
向日葵

次の場所に向かう途中、青野さんは上富良野町にある興味深い場所に連れて行ってくれました。「ジェットコースターの路」と呼ばれていて、道がジェットコースターのように見えます。

上富良野町のジェットコースターの路
北海道の夏イメージ

最後にもうひとつ、人気の観光スポットであるファーム富田へ行きました。ラベンダーの種類が豊富で、夏(特に7月)がピークシーズンです。四季彩の丘と同じく敷地は広大で、観光客も一日中楽しむことが出来ます。ラベンダーのお土産もたくさんあり、カフェもあるので、ファーム富田に行く際は是非訪ねてください。

ファーム富田
ファーム富田
ファーム富田

ファーム富田に行く電車のアクセスについて、大事なポイントがあります。JR旭川駅と富良野駅の間を走っている「富良野・美瑛ノロッコ号」という電車があり、JRラベンダー畑駅で降り、歩いて7分でファーム富田に行くことができます。この電車は夏限定で、6月中旬と8月下旬から9月下旬までの期間は週末のみ、6月下旬から8月中旬にかけては毎日運航しています。

ファーム富田・JRラベンダーファーム駅の行き方の看板
「富良野・美瑛ノロッコ号」のスケジュール(2017年の夏のみ)
JRラベンダー畑駅の入り口(夏のみ)

外の風を感じることが出来る「ノロッコ号」に15分乗り、JR富良野駅でアドリエンさんと合流しました。その後、富良野ナチュラクスホテルでオーナーの石平夫妻と待ち合せをし、地元の祭である「北海へそ祭り」に連れて行ってもらいました。

北海へそ祭り、JR富良野駅前
北海へそ祭りの参加者
北海へそ祭りのメインステージ

祭のメインイベントが始まる夕方までの間、石平さんとワイナリーや新富良野プリンスホテル等を車で巡りました。石平さんによると、富良野はスキー場が有名で、ニセコと対を成して人気があるそうです。ドライブの途中、地元でも遭遇することが少ない鹿に出会い、とても驚きました。

ラベンダーとトンボ
鹿発見
ニングルテラス@新富良野プリンスホテル
新富良野プリンスホテル

へそ祭りへ向かう前に、アドリエンさんと私は、石平夫妻がオーナーを務めるホテルでのディナーに誘われました。ミシュランガイド北海道に掲載されたホテルでのディナーは、とても贅沢でした。富良野牛、チーズフォンデュ、そして地元の野菜を堪能できる最高のディナーでした。その後に向かったへそ祭りでは、市民参加型のパレードを見ました。

フルコースディナーメニュー@富良野ナチュラクスホテル
北海へそ祭りのパレード
北海へそ祭りの屋台

祭りの後には、もう一つの驚きがありました。近くの居酒屋で夜食を食べて、そこからホテルに戻る途中、通りがとても綺麗だったことにとても驚きました。祭りが終わった後、参加者みんなで通りを綺麗にするので、まったくゴミがありませんでした。

祭り後の綺麗な通り

札幌の散策と夏の最後の出張については、次のブログに続きます。お楽しみに!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *