北海道有数の流氷観光地、網走で、流氷を体験してみませんか?

こんにちは、北海道ASEAN事務所のナズルです。 今週は、北海道有数の流氷観光地、網走をご紹介します。 網走では、1月中旬頃から3月下旬頃にかけて、シベリアのアムール川から、1000キロもの旅をした流氷がオホーツク海を埋め尽くします。 その流氷の海を砕きながら進む流氷観光砕氷船「おーろら」。氷が砕ける音や衝撃を肌身で感じられ、運がよければ氷の上にアザラシやオオワシ、オジロワシを見ることができます。この冬は、流氷観光砕氷船「おーろら」に乗って、流氷を楽しむのはいかがでしょうか。 また、網走駅と知床斜里駅間では、冬のオホーツク海沿岸を走る観光列車「流氷物語号」が1月下旬から2月下旬にかけて走っています。列車のデザインは、オホーツク海をイメージした青のラッピングと、流氷をイメージした白のラッピングの2種類があります。列車の爽やかな外観の「流氷物語号」に乗って、列車からの壮大なオホーツク海と流氷を一望するのもオススメです。