るもいを知って北海道を知る

こんにちは、北海道ASEAN事務所のナズルです。 留萌地域は、海と山のそれぞれの幸に恵まれた、北海道の豊かな自然に触れることができる地域です。 かつて、留萌地域はにしん漁で栄え、当時の繁栄を物語るたくさんの文化財がそのままに残されています。また、海岸沿いをドライブし、日本海の西に沈む夕日や、風車が並ぶ沿岸の景色を楽しむのもおすすめです。 留萌地域では、現在もかずのこやぼたんえびが日本有数の漁獲量を誇り、海の幸を楽しむことができます。また、暑寒別岳の豊かな水源を生かした、酒造りや、果樹の栽培も盛んです。 北海道に来た際は、海と山のそれぞれの魅力が楽しめる留萌地域まで、ぜひお越し下さい。

To know about Rumoi is to know about Hokkaido

Greetings, this is Nazrul from the Hokkaido Government Representative Office. The region of Rumoi is an area blessed with fortunes from the mountain and the sea, both revolving around the rich nature of Hokkaido. Long ago, the Rumoi region flourished in nishin (herring) fishing activities and many cultural properties indicate that the prosperity of the […]

奥尻島で、日常から遠く離れ、心ゆくまで島時間を満喫してみませんか?

こんにちは、北海道ASEAN事務所のナズルです。 今週は、北海道内の南西端・奥尻ブルーといわれる透明度の高い真っ青な海に浮かぶ海の幸の町である奥尻町をご紹介します。 離島ならではの一味違う、ウニやアワビなどの海産物が豊富な奥尻町では、島育ちのアワビを自分で獲って、その場で食べられる「アワビ狩り体験」ができます。 また、日本の離島で最初のワイナリーである「奥尻ワイナリー」では、奥尻島で栽培した葡萄にこだわったワインを試飲・工場見学ができます。そして、この地だけで見られる緑が溶けたような奥尻ブルーの海で、夏はビーチで様々なマリンスポーツが行われ、ダイバーにも大人気です。 奥尻島で、日常から遠く離れ、心ゆくまで島時間を満喫してみませんか?

江差で、北海道開拓の歴史と文化を体験してみませんか?

こんにちは、北海道ASEAN事務所のナズルです。 今週は、北海道内で最も古く江戸時代から続く祭りや江差追分と言われる江戸時代から受け継がれた歌など、歴史と文化が今もいきづく町である江差町をご紹介します。 江差町は、2017年4月に北海道で初めて文化庁が地域の歴史的な魅力や特色を認定する日本遺産に登録されました。町のいたるところに残された歴史的・文化的遺産を巡れば、いにしえのロマンにたっぷりと浸れます。 また、7月から9月に行われる江差三大祭は見どころ満点。特に北海道の最古の神社による道内一歴史の深い祭り「江差・姥神大神宮渡御祭」は、3日間にかけて13台の山車が祭り囃子の調べにのって町内を練り歩く大迫力の祭りです。